Category Archives: INFORMATION

「B→C」いよいよです発売です

6月21日(火)19時開演 オペラシティリサイタルホールでのB→Cの一般チケット発売が今月25日より始まります。

こちらのサイトでも1割引にてご案内出来ますので、ご希望をお知らせください。
申し訳ありませんが、今回よりメール配信登録者限定とさせて頂きます。

未登録の方はこちらから→メール配信登録
(ご登録頂くと「お知らせ」や「お得なチケット情報」等ご案内しています。勿論登録無料です。)

B→Cは「バッハからコンテンポラリーへ」という事なので、プログラムにちょっと拘りました。前半は「ドイツ」後半は「イタリア」作品に大きく分けました。

バッハ、リーム、ガレッラ等これまでのリサイタルでは取り上げたことの無いある意味マニアックな選曲もありますが、今歌いたい(挑戦したい)曲を織り交ぜてみました。

バッハ:カンタータ82番は甘美なメロディーでカンタータの中でも指折りの美しい作品です。

リームは欝(うつ)を題材にしていて、テーマとしてはちょっと暗いのですが、ピアノと一緒に作り出す独特な世界観が聴き所です。

ガレッラの「天使の光」は世界初演です!美しいヒーリングミュージックのような作品で、ヴォカリーズ(詩がなく、母音だけで歌う)となっています。

その他にもブラームス、レスピーギ等を加えて欲張ったプログラムにしてみました。(歌うほうは大変だと思いますが、新たな可能性にチャレンジするつもりで頑張りたいと思います)

詳細はこちらから

プログラム
●J.ブラームス:《9つの歌》op.69から「太鼓の歌」
《歌曲集》op.59から「君の青い瞳」
《A.プラーテンとG.F.ダウマーによる歌》op.32から
●J.S.バッハ:カンタータ第82番《われは満ちたれり》BWV82
●W.リーム:中声とピアノのための《ペーター・ヘルトリングによる4つの詩》(1993)
●E.W.コルンゴルト:《死の都》op.12から「私の憧れ、私の幻」
●D.ガレッラ:《天使の光》(2010)から「ハジエル」「エレミア」「シタエル」
●O.レスピーギ:《6つの叙情歌》から雨/ 雪 / 霧
●G.B.ペルゴレージ:ニーナ
●G.ドニゼッティ:一粒の涙(祈り)
●P.マスカーニ:アヴェ・マリア
●R.レオンカヴァッロ:マッティナータ

全席自由:¥3,000(税込)

皆様のお越しをお待ちしています。

与那城敬

明日の公演中止のご案内

明日(3月15日)予定していました津田ホールでの「千駄ヶ谷スタイル」レクチャーコンサートは地震の影響を受けて中止(延期)となりました。

皆様にはご迷惑をお掛けいたしますが何卒ご理解頂きます様お願い致します。

詳細につきましては改めてご案内致します。

多くの亡くなられた方々ヘのご冥福をお祈りいたします。

与那城敬

ニューヨークより

ニューヨークに来て12日が過ぎましたが、ようやく時差ぼけも取れて来ました。ちょっと遅いですね~(笑)

昨年10、12月に引き続きこちらに来ていますが、今回は特にゆっくりとした勉強の時間が持てています。
4月に出演予定のフィガロの結婚の準備がメインですが、ジュリアードでも教えてらっしゃる先生の下で徹底したイタリア語ディクションのレッスンを受けています。分かっていた筈のイタリア語の発音がこんなにも奥が深いなんて・・・と目から鱗状態です。アクセントやストレスのかかる場所、言葉の裏の意味(ダブルミーニング)等を探ってみたりと本当に細かいレッスンで気が遠くなりそうな作業ですが、これらを吸収して舞台に生かせるようにしたいと思います。

こちらは零下が続くほどの寒さで、到着直後に降った雪もまだ残っています。
歩けばちょっと滑りそうな道もたくさんあったり、雪道に駐車してある車が「ゴォーーー!!」とタイヤを絡ませながら10分くらい格闘して出て行ったり等々ですが、屋内の暖房は良く効いているので風邪もひかずに元気で快適に過ごせています!

2月20日に金沢でのフォーレ「レクイエム」があるので、1週間程日本に戻りますが、その後も3月上旬まで滞在予定です。

とにかくしっかり勉強をして、皆様に良い音楽をお届けできるよう頑張りたいと思います。

皆様もお風邪等ひかれませんようにご自愛ください。

NYからのご報告でした。

与那城敬

ありがとうございました

先日の「千駄ヶ谷スタイル」コンサートは皆様のお陰で大盛況のうちに終了いたしました。
誠にありがとうございました!

これからもより良いアンサンブルを目指し頑張りたいと思います。

昨日より岡山に来ています。
10日(月)にニューイヤー・ガラコンサート「こうもり」のハイライトでファルケを演じる予定です。マエストロや素晴らしいソリストの皆さんに刺激を受けて稽古に奮闘中です。お近くの方は是非いらしてください。(チケットは残り僅かのようです)

そして、もうひとつご案内です。
1月15日(土)の夜、ミシュランで4年連続二ツ星に輝く若月シェフのフレンチを味わえるコンサートはいかがでしょう?

現在大活躍中のソプラノ小川里美さんと与那城敬が、
オペラアリアやオペレッタ(メリー・ウィドウ)等、皆様にお楽しみ頂けるプログラムでお届けする予定です。またナビゲータの坂田康太郎さんが大変分かりやすい解説を交えて下さります。

皆様のお越しをお待ちしております。

場所:エメヴィベール
時間:18時~受付開始
料金:28,000円 
料理・飲物(ワイン)・ミュージックチャージ、税サすべて含まれています。
完全予約制となっておりますのでお早めにどうぞ!

与那城敬

新年あけましておめでとうございます!

昨年中は大変お世話になりました。

本年もどうぞ宜しくお願い致します。

今年は年男です!!
歌い手として更に大きく飛躍出来る様、精進したいと思います。

出演情報を更新いたしました。
今年もオペラ、コンサート等色々ありますので、是非お越し下さい。

与那城敬

出演情報更新

こんにちは。

出演情報を更新しました。

年明けの「千駄ヶ谷スタイル」お勧めです!!
今年1月のカーネギーホールでの公演も大成功に終わり、今回が凱旋公演となります。是非お誘い合わせの上お越し下さい。
チケットはメールにてお問い合わせ下さい。

また12月15日(水)19時開演の「デュオコンサート」のチケットも引き続き受付しています。

2011年4月29日(金・祝)、5月1日(日)に東京二期会オペラ劇場「フィガロの結婚」アルマヴィーヴァ伯爵にて出演します。
こちらのチケットもメールにてお問い合わせ下さい。出演者割引がございます。

皆様のお越しをお待ちしております。

与那城敬

「パリアッチ」「霊媒」「電話」終了

「パリアッチ」「霊媒」「電話」終了

藤沢市民オペラ「パリアッチ」、横須賀芸術劇場での「霊媒」「電話」が終了しました。
お越し頂いた皆様、ありがとうございました。

エネルギッシュで正にイタリアオペラらしい舞台でした!

パリアッチ1 つっくん

左 藤沢市民オペラ公演総監督の畑中先生、豪華出演者の皆様と
右「エフゲニー・オネーギン」でも共演した素晴らしいテノールの大槻君と

ベン

「霊媒」で印象的なトビー役を演じた坂下君と眼鏡をかけた「電話」ベン。
坂下君は大学の後輩で、これからが楽しみなバリトンです。

 

デュオコンサート

こんにちは。

デュオコンサートのご案内です。

12月15日(水)19時開演 ヤマハエレクトーンシティ渋谷
全席自由:4,000円

今回は新国立劇場オペラ研修所の後輩であるソプラノ:小川里美さん、玉川高島屋でもご一緒したエレクトーン奏者:清水のりこさんとの共演です。オーケストラのような響きを持つエレクトーンは、異空間に迷い込んだような音を奏でてくれます。
きっとお楽しみいただけるコンサートになると思いますので、是非会場に足をお運びください。
チケットご希望の場合はサイトのメールよりお申し込みください。
(座席数に限りがありますのでお早めにご連絡ください)

プログラム
・R・シュトラウス:8つの歌曲 作品10より”献呈”
・ドリーブ:カディスの娘たち
・ヴェルディ:「ドン・カルロ」より”ロドリーゴの死”
・マスネ:オペラ「ル・シッド」より”泣け、わが瞳よ”他

アモちゃん
9月4日に終了した調布市民オペラ「アイーダ」アモナズロ役の写真です。

日本経済新聞

ご無沙汰をしておりました。

本日(8月17日)日本経済新聞夕刊に私のインタビュー記事が載りましたので、お知らせいたします。

暑い日が続いていますが、どうぞ御自愛下さい。

与那城敬